健康のための基礎づくり|骨を作るカルシウムはサプリメントで摂る

緑色のサプリ

高齢者の転倒や骨折を防ぐ

老夫婦

骨密度を高める

骨粗鬆症は加齢により起こってくる症状で、骨の密度が弱くなってしまいます。特に男性よりも女性に骨粗鬆症が多く、閉経後の女性ホルモンの減少が関わっています。これを防いでいくには、骨の密度を高めなければいけません。そのためには、しっかりとした栄養補給と運動をしていくことです。運動は日ごろから体を動かしていくことで骨を丈夫にしていきますが、栄養補給には食材の選別や調理などの手間がかかってしまいます。しかし、サプリメントは骨の密度を高める栄養素が十分に含まれているため、これを摂取していくことで安心できます。普段の食生活で不足気味な栄養をサプリメントが補ってくれるので、とても便利な健康食品なのです。骨粗鬆症のサプリメントには、カルシウムやビタミン類などの栄養素があり、それらが骨の形成に役立ってくれます。骨粗鬆症はこのようなサプリメントで予防していくことや、治療としても十分な効果が期待できます。

骨が弱いことで招く支障

骨粗鬆症になってしまうと、足の骨が体を十分に支えきれなくなるので、転倒しやすい状態になってしまいます。転倒して体をぶつけてしまうと、たとえ衝撃が軽かったとしても、骨の密度が弱いのですぐに骨折してしまうのです。骨粗鬆症は高齢者に多いので、これをきっかけに寝たきりになってしまう人も少なくはありません。寝たきりになると運動も全然できないため、どんどん骨が弱っていく一方です。こうならないためにも、若い頃から骨を丈夫にしていくことで骨粗鬆症を避けていくことができます。運動習慣もそうですが、栄養を意識してサプリメントで補っていくことも栄養不足に陥ることもなく済みます。元気な老後を送っていくためにも、骨を丈夫にしていくような生活を目指していきましょう。